広告 Vol.413


※こちらの商品は定価が1円(税込)です。お一人様一冊の購入でお願いいたします。

株式会社博報堂が発刊している雑誌『広告』は、1948年に広告文化の創造と発展を目的に創刊された雑誌です。数年に一度、編集長の交代とともに全体テーマや装丁、編集体制の一新を図っています。 この度、プロダクト開発に特化した博報堂のクリエイティブチーム「monom(モノム)」を率いるクリエイティブディレクター/プロダクトデザイナーの小野直紀が新しく編集長を務めたリニューアル創刊号を発刊します。

リニューアルにあたり設定した全体テーマは「いいものをつくる、とは何か?」。 自らも“つくり手”として、ものづくりに取り組む小野が、ものづくりを取り巻く様々な常識や慣習、いま起きている変化に向き合い、「いいものをつくる、とは何か?」という問いを思索する「視点のカタログ」として全面リニューアルを行います。

リニューアル創刊号の特集は「価値」。ものが溢れるこの時代に、本当に価値あるものとは何なのか、これから価値あるものをどう生み出していけばいいのか。「いいものをつくる、とは何か?」という問いを思索する出発点として、「価値」についての様々な視点を投げかけていきます。

今回のリニューアルにあたり、雑誌づくりのパートナーともいえるアートディレクター/デザイナーを、電通の上西祐理さん、フリーランスで活躍する加瀬透さん、牧寿次郎さんの3者に引き受けていただきました。志を同じくする仲間として、ともに雑誌『広告』づくりに取り組んでいただきます。

※この商品は、メール便での配送が可能です。
  • 1円(税込)


在庫状況 0・

あなたにおすすめの商品