林 和美: 装幀写真

「ゆびさき」(青幻舎)から5年、装幀写真家林和美待望のカラー写真集。途切れる事なく流れる時、巡る季節、出会い、 別れ、終わっては始まる切なく美しい写真物語。余計なものは削ぎ落として、最後きれいな1本の線になる様な淡い世界。女性のくちもと、塀越しに見える青空。人の心の中にある想いや夢、恋愛。それらを物語にした時、その本の装幀になる写真。谷川俊太郎による書き下ろし詩「世界の気配」収録。
ナダール書林2008年刊行 テキスト日本語
サイズ縦265×横195 厚さ10mm ハードカバー 64ページ
  • 2,700円(税込)