Nobuyoshi Araki (荒木経惟): It Was Once a Paradise

2011年オランダのReflex New Art Galleryでの展覧会を機に刊行された荒木経惟の作品集。本書に収録されている新シリーズのテーマは“深い悲しみ”。「喪失」と「欲望」、「絶望」と「希望」、「分離」と「共生」といったものの複雑な関係性を白黒とカラー作品で対比させています。白黒の作品は主に荒木自身の非常にプライベートで身近なもの、カラーは女性のエロティックな作品が撮られています。
[SOLD OUT]
>荒木経惟
Reflex 2011年刊行 テキスト英語
サイズ 縦345×横248 厚さ20mm ハードカバー 96ページ
  • 9,180円(税込)


在庫状況 0・