富谷 晶子: 津軽 | Masako Tomiya: Tsugaru

独立系写真専門ギャラリーの草分け的存在でもある「ZEIT-FOTO SALON」に所属する写真家・富谷昌子が自ら立ち上げた出版社「HAKKODA」より発行された初作品集。作者の故郷でもある津軽を含む青森県内を、約11年かけて撮りためたシリーズ。東北の見慣れた風景やポートレイトを織り交ぜながら、時の流れや生と死を受け入れつつじっと見つめ、静かにすくい上げる。幾重にも重なる物語の奥行きを、モノクロの "6x6" という制約された形の中で表現し、日本の四季を軸にして構成されている写真集。巻末に本書の共同編集者でもある写真評論家・タカザワケンジの評論付き。
HAKKODA 2014年刊行 テキスト: 日本語/英語
サイズ 縦200×横150mm ハードカバー 80ページ
※この商品は、メール便での配送が可能です。
<再入荷待ち>
  • 2,916円(税込)


在庫状況 0・