Examples Of Twelves: The Way Things Were

エグザンプルズ・オブ・トウェルヴズは、ノスタルジア77のベーシストであるライアン・ヴォスローをリーダーとするオクテットで、以下メンバーはグラハム・フォックス(ドラムス)、マーク・ハンスリップ(テナー・サックス)、ジョナサン・スポール(アルト・サックス)、トム・アラン(トランペット)、トレヴァー・マイレス(トロンボーン)、ロス・スタンレー(キーボード)、クリス・アラード(ギター)。ノスタルジア77オクテットとは、ギターで参加するベン・ラムディンがクリス・アラードに変わったという違いのみである。その他、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの弦楽隊もレコーディングに加わっている。リーダーのライアン・ヴォスローは、キース・ティペット、アンディ・シェパードから、ファンクのピー・ウィー・エリスなどとも共演し、さらにはドラムンベース・ユニットであるスプリング・ヒール・ジャックでも演奏していたという幅広い経歴の持主。こうしたユニークな経歴は他のメンバーについても言え、ジョナサン・スポールはマイケル・ガーリックのビッグ・バンドに参加する一方でヘリテッジ・オーケストラにも参加し、同様にマーク・ハンスリップもマイケル・ガーリック・ビッグ・バンドからハンス・コラーのグループ、そしてアフロのレカン・ババロアのバンドでも演奏している。つまり、多種多様な音楽を通過した上で、このエグザンプルズ・オブ・トウェルヴズの実験的な音楽が形成されているわけなのだ。
<SOLD OUT>
  • 2,252円(税込)


在庫状況 0・