Dessins érotiques
鈴木親 / François Alary

フランス⼈イラストレーターのフランソワ・アラリーと⽇本⼈写真家の鈴⽊親によるコラ ボレーションブック。本書は、フランソワ・アラリーが「フランス-⽇本」をテーマに制作 する作品集シリーズの第三弾。

第⼀弾では、編集者のエレン・フライスとパートナーであるオフェリー・クレールと共にフ ランスと⽇本の墓地をテーマに写真とドローイングを融合させた『Le cimetière』を、第 ⼆ 弾では、フランス⼈作家クロエ・ドゥロームと共にフランス語と⽇本語で書かれた不可解な ジョークで構成された『Vous aimez beaucoup voyager』を⼿がけ、翻訳の問題に焦点を当 てた作品を刊⾏。

作品集解説 フランソワ・アラリーが⽇本のアートにおけるエロティシズムの重要性と、 エロティシズムに対するフランスと⽇本の感覚の違いに着⽬したことをきっかけに制作さ れた。モデルの肌に直接ドローイングを施し、その様⼦をライブで撮影するというライブ ペインティングシューティングのような実験的なアプローチを取り⼊れている。 ペインティングを施された裸の⼥性をホテルの⼀室にて撮影したモノクロ写真と、 ちいさな裸の⼥性のキャラクターのドローイングという対照的なイメージがランダムに⼊ り混じり、不思議なイメージが紡ぎだされている。
>鈴木親
Les éditions du cimetière 2017年刊行 テキスト英語
サイズ 縦250×横205mm ソフトカバー 64ページ
※この商品は、メール便での配送が可能です。
  • 2,700円(税込)