Joanna Piotrowska: Frowst

ポーランド人フォトグラファー Joanna Piotorowska(ジョアンナ・ピオトロヴスカ)の処女作品集は、自身の家族を被写体としたステージフォト(やらせ写真)で構成される風変わりな「ファミリーアルバム」。タイトルの「FROWST(室内にこもったむっとする空気)」が親密であるが故の風通しの悪さを現すように、家族というシステムがもつ堅固無比な繋がり(血縁関係)とその核に存在する苦悶や焦燥が見て取れる。また、被写体がとる奇妙なポージングは、ドイツ人心理療法家バート・ヘリンジャーが確立した「ファミリーコンスタレーション」という家族療法で取り入れられている動作から着想を得ている。 「National Media Museum」と「MACK」によって共同運営され、過去に写真集出版経験の無い作家の出版支援を目的とする「First Book Award 2014」の受賞に伴い発行。
>Joanna Piotrowska
>Mack Books
Mack 2014年刊行 テキスト英語
サイズ 縦265×横235mm ハードカバー 48ページ
[会員限定 10%OFF]
※こちらの商品は会員限定の値引きがございます。
>会員登録につきましてはこちらをご覧下さい