上田義彦: M.Ganges|Yoshihiko Ueda

好評のMシリーズの最新刊。山や川や海に太古からの生命の源を求めてきたこのシリーズは、ついにガンジス川を舞台に人を写し出す。輪郭を失った光と色のうちにある、慟哭と歓喜そして無常の記憶。写真という眼差しの記憶、遠い場所、過ぎ去った人々や時の記憶。Mシリーズの集大成「M. Ganges」の悠久の記憶が美しく迫る。

写真に写っている誰かを見つめているのではない、私が写した写真の中に己を見ているのだと感じるようになった。視線の先にあるものは私の記憶、いや、遠い昔の何故か私自身のものではないと想える記憶。 ――上田義彦(本文より)

Artist Information
1957年兵庫県に生まれ。衝撃的な写真との出会いは、ビジュアルアーツ(大阪校)に入学し、教師であり写真家でもある黒沼康一、百々俊二、中川貴司、村上哲一氏らに独特の写真哲学 を叩き込まれた事により開眼した。その後1980年に福田匡伸氏、1981年には有田泰而氏の助手を勤め、彼らの影響も深く受けた。1982年に独立し、 以後、ファッション写真から始まり、広告写真、コマーシャルフィルムの撮影や演出を行いながら、並行して、数多くの写真作品を撮り続けている。写真にまつ わる全てのこと、撮影はもとより、暗室においての作業が特に好きで、その時間を大切にしている。撮影したフィルムは自ら現像し、プリントも同様に自らが必 ず行う。現在2010年までに出版した写真集は21冊あり、2011年には3冊の新たな写真集の刊行を予定している。代表作品として、アメリカインディア ンの聖なる森を捉えた『QUINAULT』をはじめ、舞踏家・天児牛大を撮影した『AMAGATSU』、自身の家族を写した『at Home』、ミャンマーの僧院を撮影した「YUME」、『ポルトレ』『FRANK LLOYD WRIGHT』などがある。 また広告写真の仕事では、サントリー「ウーロン茶」 「伊右衛門」「BOSS」、資生堂企業広告、無印良品のCF・グラフィックシリーズなどを手掛け、東京ADC賞最高賞、ニューヨークADC賞、カンヌグラ フィック銀賞、朝日広告賞など国内外の数多くの賞を受賞している。 2008年よりParisPhoto等の国際アートフェアに出展、また2010年にはG/P Gallery (東京)、Michael Hoppen Gallery(ロンドン、UK)、 TAI gallery (サンタ・フェ、USA) で「QUINAULT」の個展を開催した。また作品は「Kemper Museum of Contemporary Art 」(USA)、「Hermes International」(FRA)、「Stichting Art & Theatre, Amsterdam」(NLD)などに収蔵されている。
>上田義彦
>赤々舎
赤々舎 2014年刊行 テキスト: 日本語/英語
サイズ 縦255×横280mm ハードカバー 100ページ
  • 5,940円(税込)