坂口恭平: Practice for a Revolution

坂口総理が歌う

ギターと声だけで複数のレイヤーを自在にかけめぐりつつ、録音されていないはずの音やリズムまで聞こえてくる。 「建てない建築家」がつむぐ、手ざわりある音のたてもの。 毎日の暮らしで、元気を出したいとき、やさしく慰められたいとき、あなたのスピーカーからいつでも総理大臣・坂口恭平が歌います。 大杉栄が1923年にパリのラ・サンテ監獄から娘・魔子にささげた詩にのせて歌う、アコースティック・グルーヴの奇跡の名曲《魔子よ魔子よ》も収録。 ヒップホップネイティブの詩人が歌う YouTube 時代のフォーキー・ソウルの傑作がここに誕生――。

・坂口 恭平 〈さかぐち・きょうへい〉
1978年、熊本に生まれる。建築家・新政府初代内閣総理大臣。 19歳のときに路上で歌えば一日1万円を稼げることを知り、「生きのびるための技術」として歌を位置づける。レコーディングされた音源としては、フルアルバム『TAPES』および、幻のバンド MAN 名義のミニアルバム『MAN』があるが、いずれも市販されていない。2012年に発表される本作が、初の市販アルバムとなる。
土曜社
  • 1,620円(税込)