営業時間変更のお知らせ
2017年4月25日(火)は14:00までの営業とさせていただきます。
GW休業のお知らせ
2017年5月3日(水)〜2017年5月5日(金)は店舗および通販発送の業務をお休みさせていただきます。
この期間いただきましたご注文、お問い合わせに関しましては、2017年6日(土)以降、順次ご対応させていただきます。
よろしくお願いいたします。

猫が… | Kittenish... (signed)
西村多美子 | Tamiko Nishimura

「見られているな」と感じて

肌寒い雨の夜、友だちが泊まり にやって来た。薄明かりの中に沈黙が漂い、頭の上からじわじわと重苦しい長い夜の予感がひろがりはじめる。なぜか真っ正面から友だちを凝視することに一種 のもどかしさ、うとましさ、いらだたしさを感じる。いつでも逃げ出せる。絶対にここではないと思い始めた時、不思議に私の内部で何かが溶解をはじめ、たとえば女の部屋に飼われた猫とか、台所に住みついた虫の視点に、ふと近づいたような気分がしてくる。

暗闇の中で、または、まばゆい陽光の下で、突然「見られているな」と何かの視線を感じることがある。それは決して人間の視線だけとは限らない。得体のしれな い他者の視線が、私自身に、確かにまつわりついているのではないかと思い続ける。それは結局、自分で自分自身を見つめていること、私自身にこだわっている ことの逆説にほかならないのである。

私は、私が女であることを放棄して写真を撮ったところで、それは私にとって何のリアリティも持たないと思う。それは、ことさら女を意識して写真を撮るという意味では決してなく、生まれた時から男が男であるように、私が女であるということからしか、何も始まらないということだ。
― 西村多美子、「カメラ毎日」8月号/1970年/毎日新聞社より
>西村多美子
>Zen Foto Gallery
Zen Foto Gallery 2015年刊行
サイズ縦240×横192mm ハードカバー 64ページ サイン入り
※この商品は、メール便での配送が可能です。
  • 5,400円(税込)