臨時休業のお知らせ
2017年5月20日(土)、27日(土)は臨時休業させていただきます。
よろしくお願いいたします。

東大1968-1969ー封鎖の内側 | Tokyo University 1968-1969―Behind the Blockade
渡辺眸 | Hitomi Watanebe

1968年は世界が揺れた年であった。べトナム戦争は長期化し、パリでは学生たちによるデモ、チェコは「プラハの春」を恐れた国々に制圧された。アメリカではキング牧師やロバート・ケネディが暗殺された。その一方では翌年、アポロが月に到着した。

そして1968年は私が写真を撮り始めた時でもあった。新宿の街をカメラを持ってほっつき歩き、人々を、気づいたものを趣くままに撮っていた。そんな日々が続いたある夜中、新宿周辺が群集で大混乱になっている流れに遭遇した。「国際反戦デー」のデモであった。いままでメディアの情報として知っていたベトナム戦争、群衆のひとりとしてリアリティになった。機動隊のサーチライトが揺れる群集の中ヘルメット群を照らし、そのシルエットが激しく揺れ、うごめく。日本のステュ–デントパワーが社会と対峙し巨大なうねりとなっている。

この前後、私ははじめて東大の本郷キャンパスに入った。山本義隆氏(当時東大全共闘代表)に出会ったことが、インスパィアーされ、東大闘争を撮る決定的なものになったのである。バリケード内は地方からの学生、一般の人々、高校生たちの自由に出入りできる解放空間でもあった。

47年近く経ったいま記憶がだんだん遠のいていくなか、唯一残されたフィルムによって、新たな記憶。奥深くあった全共闘のスピリットが引きだれてきました。

-渡辺眸
>渡辺眸
>Zen Foto Gallery
Zen Foto Gallery 2015年刊行
サイズ縦257×横178mm ソフトカバー 48ページ
※この商品は、メール便での配送が可能です。
  • 3,564円(税込)